視力回復の驚くべき方法

『視力回復・視力低下予防』に関する情報サイト!近視や乱視などの視力矯正法はメガネ・コンタクトレンズだけではありません。レーシック手術やオルソケラトロジー等の最新の視力矯正・治療法もご紹介します。


『視力回復・視力低下予防』に関する情報サイト

視力回復 近視治療 視力矯正

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

視力低下の原因-近視の種類

視力低下の原因は様々ですが、主な原因は近視です。「近視」でもいくつかの
タイプがある様です。

【視力低下の原因-近視】

・仮性近視
仮性近視は子供に多く見られる近視の症状です。
近くの物を見ると、毛様体の緊張が解けて水晶体が厚くなるのが正常ですが、
長時間見続けると、この状態で毛様体が緊張や調節麻痺を起こし、遠くを見ても
水晶体が厚いままなので網膜の手前で光のピントを合わせてしまいぼやけて
見える様になる、これが仮性近視という視力低下の原因となる状況です。

・屈折性近視
仮性近視を放置すると、約3ヶ月~1年程度で仮性近視の状態が固まってしまう。
角膜や水晶体の屈折力が強くなるこの様な近視を屈折性近視といいます。

・軸性近視
屈折性近視とは違い毛様体のピント調節は正常なのですが、眼球が通常よりも
長いため網膜の手前でピントを合わせてしまいぼやけて見えます。
この軸性近視は、一番多い近視の原因と言われています。通常、体の成長と共に目も
大きくなっていきますが、目の成長がそのまま進行してしまうと目の大きさが
正常よりも大きくなり近視になってしまう、軸性近視は、メガネやコンタクトレンズ、
矯正での視力回復が必要です。

スポンサーサイト

近視の原因-遺伝と環境

視力低下の原因となる近視は、斜筋が緊張状態に陥ると発症します。近視の原因は
環境と遺伝の二つです。

・遺伝的な近視の原因
子供が親と体型や顔・性格が似るように、眼の形も親に似ます。つまり、
角膜の大きさやカーブ・水晶体の厚み(=屈折力)と眼軸も親と同じような
バランスになる事が多く、つまり近視の発生にも遺伝的要因が大きく関わって
いるのです。ただ、多くの遺伝性疾患のように、どの遺伝子が近視に関係しているとか、
親が近視の場合どの位の確率で子供が近視になるといった明確な解明はされていません。

・環境が要因となる近視の原因
近くのものを見続けたり、長時間のテレビ、ゲーム、パソコン作業によより、
眼に負担をかけることで眼精疲労が起き、また、眼に悪い習慣や慢性の疲労、
全身の衰弱や長期間の心配事などの理由で、眼を動かす筋肉が緊張します。
そしてこの眼筋の緊張が視力低下(近視)の原因です。

また、肘を突いての読書や、寝転んでテレビ鑑賞は、見ているものへの距離が
左目と右目に差が生じ、視力に左右差が現われます。ガチャ目になると、
片方の眼ばかり使うことになるので、一層視力低下が進行し、悪化すると
メガネやコンタクトレンズ等での視力矯正や視力回復トレーニングの必要性なども
必要となってきます。

視力低下が出現したら、まず悪い生活習慣を改善して、眼にやさしい生活を心掛けてください。

視力低下の予防法

視力低下の原因は遺伝性もあるのですが、多くは生活習慣が原因です。
以下のようなことに気を付けて視力低下または視力回復に努めてください。

【視力低下の予防法】
・一日の中で出来るだけ遠くを見る時間を持つ。
近くを見ている時間がながければ長いほど視力は低下しやすくなるので、
1日の中で少しでも遠くを見る習慣をつけることが、視力低下の予防、視力回復に
効果的です。

・規則正しい食事、睡眠
特に目にいい食事というのを意識する必要はなく、偏食などをしないで
バランスのよい食事をすれば十分です。また睡眠は目を休めるために非常に大切です。

・適度な運動・スポーツをする
適度な運動・スポーツにはリラックス効果があり、体を動かすことで血液の循環も
よくなり健康的な体になります。視力低下予防や視力回復にも効果があります。

・照明の明るさ
一般的に暗い所での読書などは目に悪く視力低下の原因と言われますが、
一方で明るすぎるのも目の負担になるので、電車などで読書するのも
あまり目にいいとはいえません。適度な明るさを心掛けてください。

・パソコンやゲーム
パソコンやゲームなどのVDTは本の何倍も目に負担がかかる言われているので、
適切な休憩をとり目の疲労を抑える事が視力低下の予防には大切です。

・姿勢に注意
悪い姿勢は視力低下の大きな原因です。普段の生活からきちんとした姿勢をとる
習慣をつけて下さい。これは視力低下の予防だけではなく様々な健康面での予防対策にも
つながってきます。

・メガネやコンタクト
メガネやコンタクトへの過度の依存は、目の本来の力が失われていきます。
必要のない時は極力はずすことが視力の低下予防や回復には大切です。

・目の体操
体の健康に体操が必要なように、目の健康にも体操が必要です。これも視力低下や
視力回復には効果的です。

疲れ目・眼精疲労

視覚からの情報は、五感(=視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚)から得られる
情報の8割を占めると言われる程、重要です。
しかし、現代社会では、その大事な目に対して、様々な障害を引起す危険性があります。
そして、疲れ目や眼精疲労、視力の低下を感じる現代人が急増しています。

◇疲れ目になると次のような症状が出ます。
・目の痛み
・目の充血
・目のかすみ
・しょぼしょぼ感覚
・光がまぶしく感じる
・目の奥が重く感じる
また、疲れ目が慢性化すると眼精疲労を引起し、下記の症状も出てきます。
・頭痛
・肩こり
・めまい
・吐き気
・視力低下
・複視(物が二重に見える)


◇疲れ目・眼精疲労の原因は以下のようなものがあります。
・テレビ・ディスプレイを長時間見続ける
・細かい作業を長時間続ける
・ストレスの蓄積…自律神経のバランスの乱れを誘発
・姿勢の悪さ…筋肉の衰えや、血流不良を誘発
・睡眠不足、寝すぎ
・老化
・運動不足…肩こりによって血行が悪くなる
・偏食や過度のダイエット…ビタミンBの不足を招く
・タバコ…ニコチンは血管を収縮させ、疲れ目を悪化させる
・夜型生活…夜の人工の光では、昼間よりもはるかに目の負担になる
・メガネやコンタクトレンズの度数が合っていない場合
・結膜炎・角膜炎・緑内障の症状として疲れ目を引起す
・左右の視力が極端に違う場合


◇疲れ目・眼精疲労の予防・ケア方法

・まめに目を休ませる
・パソコンやゲームをする時は、画面までの距離、適度な休憩、画面の明るさ
 などに注意する
・同じ姿勢で長時間座らない
・目が疲れた場合は、冷やしたタオルや、熱めのおしぼりなどを目に当てる。
・照明は、光源が直接目に入らないようにする。斜めか後ろから当てる。
・ビタミンAを多く摂る
 ビタミンAを多く含む食材…牛乳・チーズ・卵・マーガリン・緑黄色野菜
・ビタミンBを多く摂る
 ビタミンBを多く含む食材…レバー・うなぎ・牛乳・納豆・豆・玄米など
・首、肩の適度なストレッチをする
次のページ
このブログはこんなキーワードでも検索されています。
ガチャ目・視力矯正・視力回復・屈折異常・目の疲労・複視(二重に見える)・レーシック・オルソケラトロジー・コンタクト・メガネ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。